[ Sign In ] [ Sign Up ] English|Español
x
Sign Up

Want to save time? Sign up with your facebook account now

fLogin with Facebook

Or complete the form below

  • Required in 4 to 14 letters or numbers
  • Required in 6-14 characters
  • Sign Up
x
Sign In

Sign in with your facebook account

fLogin with Facebook

Or with mangahere account Don't have an account?

Back to Top

Naruto 621 spoilers [MH Confirmed] [Predictions & Discussions]

Bookmark Subscribe
Spoilers & News >

Naruto Spoilers

> Naruto 621 spoilers [MH Confirmed] [Predictions & Discussions]
  • Naruto 621 spoilers [MH Confirmed] [Predictions & Discussions]

  • 17.02.2013 20:32
  • Naruto 621 spoilers!!! Naruto 621 Predictions&Discussions!!! 

    Naruto 620 has been released now!


    Naruto 621 spoilers summary:


     

    受け継がれし者…!

     

    回想 柱間vsマダラ
    マダラ「はあはあ…さすが柱間だ…�� �…し…の名をもつだけのことはある� ��」
    回想終わり

     

    柱間「ぐっ…!」
    頭を押さえる柱間
    扉間「大丈夫か! 兄者!!」

     

    再び柱間回想 柱間と口から上は映�� �てない長髪の少年が出てくる

     

    少年「…し様… …あし様…」
    柱間「ひあ…の名をお前に…」
    回想終わり

     

    柱間「そうか…そうだったな…」
    サスケの方を見る
    柱間「頼む!サスケ! 15分…否�� �10分て良い… 時間が欲しい… � ��いつとの約束を先に果たしときたい んぞ…」
    サスケ「…分かった すぐに行け…�� �
    柱間「恩に着る! うちはサスケ!�� �
    すごい勢いでぶっとばしていく柱間
    大蛇丸「良かったの…? あれで…�� �
    サスケ「あいつの眼をみればわかる�� � あいつは絶対ここへ戻ってくる…� ��

     

    戦場 完全体須佐能乎になってるマ�� �ラ
    ヒアシ「くっ…!」
    ナルトを庇い太刀で肩を負傷したヒ�� �シ
    マダラ「どうやら肩をやられたよう�� �な… これでまともな柔拳は使えま� ��…」
    オビトの方を見るマダラ
    マダラ「ここはオレが相手をしてや�� �…九尾のチャクラがあるくらいのが� ��いハンデみたいだ… お前は剥がさ れた十尾のコントロールに専念しろ�� �後…」
    マダラ「輪廻天生の十尾もな…」
    オビト「…」
    マダラを睨みつけるオビト

     

    ナルト「ヒアシのおっちゃん!!」

     

    マダラ「…!! ヒアシだと…!?�� �貴様ヒアシか…」
    ナルト&カカシ&ガイ&ヒナタ「?�� �?」
    一方でヒアシはうつむく
    マダラ「そうか…もう誰もしらない�� �か… 本人以外は…か… だが好都� ��だ…」
    ヒアシを指すマダラ
    マダラ「お前を殺す…! 理由は分�� �るな…?」
    マダラ「死ね…!!」
    ヒアシにむかって須佐能乎の太刀が�� �り落とされる

     

    ???「どうやら間に合ったみたい�� �の!」
    マダラ「貴様…! 柱間… やはり�� �前も来たか…!」
    須佐能乎の太刀を素手で受け止めて�� �柱間

     

    柱間「久しいの!! マダラ! そ�� �に”ヒナタ” あーすまんすまん今は�� �うヒアシだったんぞ!」
    ヒアシ「お久しぶりです ”ヒアシ”様 …!」

     

    柱間「もうヒアシはお前ぞ! オレ�� �…」
    ヒアシ「私の中では今でもヒアシ様�� �ヒアシ様ですから…」
    柱間「相変わらずクソ真面目な性格�� �ゃの」

     

    ヒナタ「???」
    ナルト「どういうことだってばよ…�� �あの人は初代…? が”ヒアシ”…?�� �おっちゃんが”ヒナタ”…??」
    マダラ「どうやら本当に知らないよ�� �だな…」

     

    マダラ「日脚(ひあし)とは厳密に�� �うと名前ではない 最強の忍である� ��号…」

     

    マダラ「そして あいつの名は」
    マダラが柱間の方を指す

     

    マダラ「千手”日脚”柱間だ…」

     

    柱間「いや 今はもうただの千手柱�� �ぞ 日脚の名はこいつに譲った!」
    ヒアシの肩を軽くたたく柱間
    マダラ「ああ… だからこそお前に�� �心底失望した… こんな奴に日脚を� ��け継がせるとはな…」
    ヒアシ「日脚様… 早速で申し訳な�� �のですが…」
    柱間「分かっておる 開放するんで�� �ろう?」

     

    回想 禁忌の森 現第44演習場 死の 森

     

    一期のハナビくらいの歳のヒアシと�� �間(今より少し頬がこけてる)
    幼ヒアシ「日脚様 話とは何ですか�� �」
    柱間「”ヒナタ”よ… どうやらもうあ まり時間が残されておらんようだ…�� �
    幼ヒアシ「?」

     

    柱間「オレの命はせいぜいもって明�� �までだ…」

     

    幼ヒアシ「そ…そんな… ボクのせ�� �です… ボクが暴走したせいで日脚� ��を… それに火影の座だって…」
    柱間「いやむしろ逆ぞ? 今ここに�� �お前の濃いチャクラが未だに充満し� ��いる状態… それがオレの中に染み わたり生きながらえてる状態ぞ 
    元々はマダラとやり合ったとき深手�� �追ったことが原因ぞ それに里のこ� ��は扉間と猿飛に任せておる あいつ らはオレよりよっぽど頭が良いから�� �!」
    幼ヒアシ「日脚様…」
    柱間「そんなしょぼくれた顔するな�� � それに恐らくだが…」
    柱間「また再開するときが来るかも�� �れん まあそのときはこの世界が危� ��に陥ってるときであろうが…」
    柱間「そこで…だ… 今はお前の力�� �オレが封印してる状態だが オレと� ��前が次に再開するまでにその力を扱 えるまで体を鍛え上げといてくれん�� �の?」
    幼ヒアシ「はい! 承知いたしまし�� �!」
    柱間「ガハハハ!! 良い返事だ!�� �ああ後それからだな」

     

    柱間「日脚の名をお前に託す! 今�� �からお前が日脚…日向ヒアシと名乗� �� 分かったな」
    回想終わり

     

    ヒアシ「はい…! お願いします!�� �
    柱間「分かった…! ではゆくぞ!�� �

     

    柱間「日脚式封印術 樹印・解!!�� �

     

    その瞬間ヒアシが光り出し ヒアシ�� �中心に戦闘で荒れた大地に草木が生� ��茂る

     

    マダラ「なんなんだ…このチャクラ�� �柱間並…かそれ以… いやありえな� ��ありえるはずがない… それにあい つの眼は一体…」
    ヒアシの眼がすごい輝きを放ってる
    柱間「お前は見るのが初めてだった�� �マダラ これが白眼の最終形態”神眼 “ぞ!」
    モブ「おい!挿し木でやられてたや�� �が!」
    挿し木の術で串刺しになった忍が次�� �と生き返っていく そしてネジが再� ��目を開ける

     

    ネジ「オレは助かったのか… それ�� �このチャクラ…すごくポカポカする� ��」

     

    柱間「どうやら使いこなせるように�� �ったみたいだな! すまぬが少しオ� ��には急用があるんぞ 後は出来そう か?ヒアシ」
    ヒアシ「はい! お任せください!�� �日脚様!」
    柱間「お前も大人になったんだし �� �べて終わらせたらオレが成仏する前� ��一杯飲みに行こうぞ!」
    柱間が去ろうとする
    マダラ「柱間…! ふざけるな! �� �レはお前とやりたいがために蘇った� ��だ! むざむざと逃がすか」
    勾玉を柱間に飛ばすマダラ

     

    ヒアシ「すまない…マダラ… やり�� �いは来世でってことにしてくれない� ��?」

     

    勾玉を素手で受け止めるヒアシ
    ヒアシ「次はこっちからだ…!」

     

    ヒアシ「八卦掌奥義 空天昇!!」

     

    凄まじい竜巻が起こりマダラを巻き�� �みどんどん上昇していき月に衝突す� ��

     

    神話が紡がれる…!
    終わり★サーセイ

     



    Naruto 620 " Hashirama Senju  " Summary :



    As Sasuke boldly declares that Hashirama's response would decide whether or not he should take revenge on Konohagakure, Tobirama, who had become angered at this sentiment, notes that he would not allow such a thing to happen. In a fierce exchange of silent wills, which sends those around them into near-frenzied panic and begins to destroy the Naka Shrine, Tobirama finally adheres to his brother's command and lowers his fingers from around the bands on his arms. Reverting almost immediately to his jovial, carefree self as Hiruzen breathed a sigh of relief and Minato marvelled, Hashirama praises Itachi, telling Sasuke that Itachi was a better shinobi than himself, and that he will happily tell the lengthy answer to the question he had posed to him. Telling him to make it as short as possible as they were strapped for time with a war going on, Hiruzen tells Orochimaru that if it were a case where Madara was currently on the battlefield then they needed to head out as well. With Minato and Tobirama sensing the situation on the battlefield and confirming it to be true, Minato is glad that his son was able to achieve what he had wanted him to do when he sealed the beast into him. Tobirama, however, discards Orochimaru's threat to bind them entirely and declares that he was going to the battlefield. However, thanks to now acquiring Hashirama's genetic material, the binding of the Impure World Reincarnation had become more powerful as Hashirama noted, telling his brother that he had grown dull. Easily breaking free of the additional restraint as Orochimaru noted, Hashirama allays the Sannin's fears, telling him that first he would free Sasuke of the darkness that surrounded him before he became another Madara and casually takes a seat on the ground and begins the retelling of the story of his confrontation with Madara at the Valley of the End and the history of the Senju and Uchiha.




    As the stone walls fissure and the wooden floor cracks and springs free, we get our first TRUE glimp of Hashirama potential power level….



    Orochimaru got a powerful new body...Now Orochimaru is in the same club with Madara, Obito, Danzo, Zetsu and Yamato.





    It appears as though the four Hokage have a great chance of arriving on the Battlefield. I cannot wait to see the look on everyone's faces ... especially Madara's. 

     







    Naruto 621  Spoiler Trivia: In the alternate world in Naruto 6: Road to Ninja, Kizashi Haruno was the Fourth Hokage, however, like Minato in the real world, he died protecting the village.




    If you would like to discuss the Spoilers or predictions, please leave a comment below. Your Feedback is Greatly Appreciated, but NO SPAM here is more expecting and also for our benefits. Thanks for your support.

     

     

     

    Naruto 621 spoilers is not avaliable yet, we will update it as soon as it comes out!!!

     

  • Facebook Comments
  • MH Comments ()